ブラックカード

ブラックカードはクレジットカードの最高峰とも呼ばれるカードです。

一般に入会することはまず不可能で、プラチナカードを持っている人に対して、利用金額に応じてクレジット会社が送ってくると言われています。

ブラックカードで有名なのはアメックスのセンチュリオンカードであり、このカードがあれば戦車も買えると言われています。

ブラックカードには利用上限額が設定されておらず、いくら使用しても構いません。

ブラックカードを持つ条件として、年間に1500万円以上の利用があることという条件が設定されているところもあるくらいです。

ブラックカードの年会費は年に10万円から15万円程度で、通常のカードとは桁が違います。

ブラックカードはクレジット会社の誘いがなければ入ることのできない、公式サイトにも情報が載っていない、名前のとおり持ってみなければ分からないカードであると言えるでしょう。

プラチナカード

プラチナカードとはゴールドカードよりもさらにグレードアップしたクレジットカードのことです。

プラチナゴールドカードと呼ばれることもあります。

一般カードは申し込めばすぐに発行してくれますが、プラチナカードは初めて申し込んですぐに発行されるカードではありません。

カードの利用実績があって、利用金額も多い人に対してカード会社が薦めるランクです。

プラチナカードの年会費は2万円以上しますが、海外旅行損害保険の補償額も1億円以上、盗難保険も1000万円以上あったり、プラチナカード専用の電話番号が開設されておりゴルフ場やホテルなどの予約ができたりするなど、特典も多くあります。

海外でもプラチナカードはステータスとなっていて、ホテルなどでもグレードの高い部屋が空いていたら部屋替えしてくれるところもあります。

ゴールドカード

ゴールドカードとはシルバーカードよりもさらにランクの上がったカードです。

ゴールドカードの年会費は5000円から1万円で、利用限度額もショッピング枠が月に100万円、キャッシング枠が月に300万円と一般カードやシルバーカードと比べても非常に高くなります。

昔はゴールドカードを持つのがステータスの1つでしたが、最近では学生ゴールドカードのように最初からゴールドカードを持つことができるカード会社も増え、ステータスではなくなりつつあります。

しかし、空港のラウンジが無料で利用できたり、海外旅行損害保険の保証枠が大きくなったりするなどメリットもたくさんありますので、年会費が払える人はゴールドカードを持つのも悪くないでしょう。

シルバーカード

シルバーカードとは年会費が1000円から数千円かかり、一般カード(クラシックカード)よりは利用限度額が高いカードのことです。

一般カードを1年以上利用し、年間の利用金額が30万円を超えるとシルバーカードにランクアップする仕組みです。

しかし、カード会社によってはシルバーカードを一般カードとして、いちばんグレードの低いカードに位置づけているところもたくさんあります。

年会費がかかるという以外は一般カードとはほとんど変わらないため、一般カードとシルバーカードを分けて発行するところが減ってきているのが実情です。

シルバーカードは、シルバーを基調にしたデザインで非常にシンプルなデザインになっています。

一般的に海外旅行損害保険や盗難保険などのベーシックな保険が付帯されています。

海外旅行をする機会が多い人は、毎回海外旅行損害保険に加入するよりもシルバーカードの年会費の方が安いので、持っていても損はありません。

一般カード

一般カードとは、クラシックカードとも呼ばれ、通常発行されるクレジットカードでもっともポピュラーなものです。

クレジットカードを発行するためには審査が必要ですが、審査はそれほど厳しくなく、定職についていて一定の収入があれば、クレジットカードを発行できます。

また、一般カードには年会費が無料のカードも多く、年会費がかかったとしても3150円程度なので、気軽にクレジットカードを作ることが可能です。

一般カードの限度額は、もっとも低く設定されており、10万円から70万円程度のものが多くあります。

一般カードの限度額では足りない場合は、カードのグレードを上げる方法もありますが、年会費無料の一般カードを複数枚取得することで補う方法もあります。

ビジネスカードについて

ビジネスカードとは、法人カードの一種で主に中小企業や個人事業主向けに発行されているクレジットカードのことです。

カード会社によっては、コーポレートカードと区別せず、企業向けのカードはすべてビジネスカードとしているところもあります。

ビジネスカードを発行する目的として、決算の合理化が挙げられます。

小さな企業であっても、個人事業主であっても、経理は必要ですが、事業に必要なものをすべてカード決済にすることにより、事務手続きが効率化され、楽になるのです。

ビジネスカードは、カード発行枚数が少なく、決済金額もコーポレートカードに比べて少ないことが想定されています。

カード発行のメリットはありますが、企業には倒産のリスクがあるため、ある程度の利益がある会社でなければビジネスカードを作ることはできません。

コーポレートカードについて

コーポレートカードは、コーポレート(企業の)カードということであり、
法人向けのクレジットカードのことです。

ビジネスカードとも呼ばれること がありますが、カード会社によっては、大企業向けのカードをコーポレート カード、中小企業や個人事業主向けのカードのことをビジネスカードと呼ん で区別しているところもあります。

コーポレートカードは企業に対して発行されるカードであり、利用代金の引 き落としは企業の決済口座から行われます。

コーポレートカードを発行する目的として、企業の決算の合理化があります 。

社員にカードを持たせて交際費や出張旅費などを決済させることで、事務 手続きが楽になります。また、支払日まではカード会社が立て替えているの で現金を用意する必要がなく、その間に運用することも可能となります。

コーポレートカードは、カード発行枚数も多く、カード決済額も大きいこと が想定されています。

提携カードについて

提携カードとはカード会社と一般企業やその他の団体が提携して作るクレジットカードのことです。

現在発行されているカードの7割近くが提携カードであると言われています。

提携カードのメリットはたくさんあります。

まず、カード会員にとってのメリットは年会費などの経費をかけることなくクレジットカードを取得することができること、カード会社のサービスに加えて提携企業独自のサービス(ポイントなど)を受けることができることです。

企業にとってのメリットは、クレジットカードの導入がしやすいこと、手数料をカード会社と折半して払えばいいので安く導入できること、クレジットカードにオリジナルの特典をつけることによって会員の囲い込みがしやすいことなどが挙げられます。

カード会社にとってのメリットは、プロパーカードでは会員にならないような層も会員になるので会員層を広げられること、カード発行にかかる経費を企業と折半できるので経費の削減ができることが挙げられます。

ハウスカードについて

ハウスカードとは、VISAやJCB、MASTERなど国際ブランドを持たないカードのことです。

昔はデパートなど、その店でしか使えないカードのことをハウスカードと呼びました。

例えば伊勢丹の伊勢丹アイカード、コスモ石油のコスモザカード、松坂屋のマツザカヤMYカード、京王百貨店の京王パスポートカードなどが有名です。

しかし、最近ではハウスカードはほとんど発行されなくなりました。大手百貨店でもVISAやJCBなどの国際ブランドをつけた提携カードを発行しています。

その理由は、ハウスカードとして、その店でしか使えないカードであると他の店で使えないため需要が伸び悩んでいることにあります。

提携カードにすることによって、他の店でも使えるようになるため、客にとっても利便性が上がり、需要が高まっています。

このような理由で、現在はハウスカードはほとんどありません。

プロパーカードについて

プロパーカードとは、自社で発行していて他社と提携していないカードのことです。

各クレジットカード会社の顔と言ってよいカードのことでしょう。

プロパーカードは、クレジットカード会社を代表するオーソドックスなカードであり、これといった特徴はありません。

また、プロパーカードは年会費がかかるところがほとんどなので、あまりオススメできるものでもありません。

ただし、学生は在学中に限り年会費無料のカードもたくさんあるので、学生のうちにプロパーカードで実績を作っておいて、社会人になったときに限度額を高くするという方法もあります。