クレジットカードの発行に必要なもの

クレジットカードの発行に必要なものは、クレジットカードの申し込み書、本人確認書類、カード代金支払い口座、印鑑です。

クレジットカードの申し込み書には、連絡先や勤務先、収入額など必要事項を記入します。

この記入事項に基づいて、クレジットカードの発行ができるかどうかを審査します。

本人確認書類は運転免許証のコピー、健康保険証のコピー、6ヶ月以内の住民票の写し、パスポートのコピー、外国人登録証明書のコピー、学生は学生証のコピーのいずれか1つが必要です。

カード代金支払い口座は、クレジットカードを使用したときに代金が引き落とされたり、年会費を支払ったりするのに必要な口座であり、口座がなければクレジットカードを作ることができません。

郵貯銀行や銀行の口座が一般的です。

印鑑はカード代金支払い口座に登録しているものと同じ印鑑が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です