クレジットカードを所有するデメリット

クレジットカードを所有するデメリットは、財布の中のお金が減るわけではないので、お金を使ったという実感がなく、ついつい使いすぎてしまう恐れがあることです。

特に、リボルビング払いをしていると、どれだけカードを使用しても月々の返済額は変わらないので、使いすぎているという実感がなく使いすぎる傾向にあります。

そして、リボルビング払いの場合は金利が消費者金融並に高いので、返済をしても金利分ばかり支払っていて、元本はなかなか減らないということになってしまいます。

また、クレジットカードの場合は使用してから引き落としされるまで時間があるので、不正利用されたとしても発覚しにくいというデメリットもあります。

ですから、クレジットカードを使用した際には明細書を受け取り、不正なものがないかどうかをチェックしておくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です