前払い方式とは

前払い方式は、その名前のとおり利用金額を前払いし、その金額の範囲内で買い物をしたりサービスを受けたりすることのできる方法です。

テレフォンカードや図書カード、電子マネーなどがその例です。

中でも電子マネーはクレジットカードを使ってチャージ(前払い)することができます。

現金でチャージするとポイントはつきませんが、クレジットカードを使って前払いをするとクレジットカードのポイントがつきますのでお得です。

また、銀行などの金融機関と提携して、口座の残高の範囲内でクレジットカードを使えるというカードもあります。

VISAがこの方式のカードを作っており、VISAデビットと呼ばれます。

VISAデビットはクレジットカードでありながら、決済時に即座に口座から利用料金が引き落とされますし、口座の範囲内でしか利用できないので使いすぎ防止に有効です。

フレックス払いとは

フレックス払いとは、その名前のとおりフレックス(融通の利いた)支払い方ができるカードのことです。

たいていは、月末で締めて翌月に利用料金を支払うなどと、返済時期が決まっていますが、フレックス払いの場合はそれが決まっておらず、お金があるときに返済をすることができるのです。

お金がないときには、最低返済額のみ返済すればよいことになっています。

フレックス払いの方法として、コンビニに設置されているコンビニATMと提携してコンビニから支払う方法や、インターネットバンクやインターネットバンキングを使ってオンラインで支払う方法などがあります。

フレックス払いはお金があるときに返済できるので、一見便利なようですが、リボ払い同様、手数料がとても高額に設定されています。

たいてい、借り入れ残高に対して何パーセントの利息というように設定されています。

ボーナス払いとは

クレジットカードのボーナス払いとは、その名前のとおりボーナスのときに一括で利用代金を支払う方法です。

支払う月はカード会社によって異なりますが、夏・冬のボーナスそれぞれ設定することが可能なところが多いです。

ボーナス払いの場合、支払いまで日にちがあるので手数料がかかりそうなイメージがありますが、実際には通常の翌月一括払い同様に金利手数料はかかりません。

ですから、ボーナスのときまでにお金を溜めておいて一括で支払うことも可能です。

預金金利の高いところでは、運用することも可能です。

しかし、ボーナス払いは飲食店など受け付けてくれないところもあります。

なぜなら、カード加盟店にとってボーナス払いは手数料が高いからです。

また、ボーナスまで日にちがあると、ボーナス払いで商品を買ったことを忘れてしまうこともあるので、計画的に使い、使った場合には記録しておくことが大切です。

リボルビング払いとは

リボルビング払いとは毎月決まった金額をカード会社に支払う方法です。

たとえば、リボルビング払いを5000円に設定しておき、クレジットカードで5万円の商品を購入すると、5000円×10回で5万円分をカード会社に支払うことになります(別途金利も支払わなければならないので、総返済額は5万円とはなりません)。

カード会社によって、リボルビング払いの金額を自分で設定できるところもあれば、設定できないところもあります。

設定できるところでも、最低支払い金額は5000円のところが多いです。

リボルビング払いの特徴として、何度カードを利用しても月々の返済額が変わらないということが上げられますが、金利は消費者金融並に高いので、リボルビング払いばかりしていると、金利だけ支払って元金がなかなか減らないということになります。

分割払いとは

分割払いとは購入した金額を分割して支払う方法のことです。

たとえば、2万円の商品を購入した際に、2回の分割払いを選択すると、翌月には10000円の請求が来て、その翌月に10000円の請求が来て、合計2万円を支払うということになります。

分割払いをするときに、気を付けなければならないのは、手数料がかかる場合があるということです。

手数料は、ほとんどの場合2回払いまでは無料で、3回払い以上になると手数料がかかるようになります。

手数料の金額は驚くほど高く、安いカードでも商品の代金に対して8%の手数料がかかり、高いカードになると、商品の代金に対して29%もの手数料がかかります。

この金利は消費者金融の金利とほぼ同じであり、できることならば一括払いか2回払いにしておくことが望ましいでしょう。

一括払いとは

一括払いとは、その名前の通り、商品の代金を1回で全額支払う方法です。

一括払いのメリットとしては、手数料が不要で、利息も不要なため、商品の代金のみを支払えば良いと言うことです。

クレジットカードで支払うときに「一括でお願いします」と言うと、一括払いにすることができます。

カード会社によって締めの日が異なりますが、大抵その月のうちに使用した金額の請求が翌月に来て、支払った金額が引き落とされる仕組みとなっています。

少額の買い物を行うときに、クレジットカード決済も行える店であれば、一括払いでクレジットカード払いをすると、余分な手数料はかかることなく、クレジットカードのポイントをもらうことができるので、お得に利用することができます。

クレジットカードを海外で利用する

クレジットカードは国内のみならず海外でも使用することができます。

むしろ、海外ではクレジットカードの方が一般的な支払方法であったりしますし、現金払いよりも信用が高いこともあります。

クレジットカードを海外で使用する場合、海外に出る前に海外利用枠を設定しなければならないカードもあります。

これは、不正利用を防ぐためのもので、利用限度額を国内・海外それぞれで設定しているのです。

また、必要であれば利用限度額をあげておきましょう。

海外でクレジットカードを使う場合の引き落としは、VISAやマスターカードの場合、利用代金を国際提携組織の決済センターが処理した時点で適用した交換レートに為替為替処理経費などとして1.63%が上乗せされたレートが使用されます。

海外で利用するときは海外旅行障害保険付きのカードもありますので、そのようなものを持っておくと安心です。

もちろん、何かあったときのためにカードとは別にカード番号やカード会社の連絡先を控えておきましょう。

クレジットカードの限度額について

クレジットカードの限度額は与信限度額ともいい、クレジットカードを発行するときに決まります。

たいていのクレジットカード会社では、最初は最低限度額に設定されます。

最低限度額は、クレジットカード会社によって異なりますが、だいたい一般カードで5万円から50万円、その上のゴールドカードになると50万円から300万円くらいになります。

プラチナカードになると利用限度額を定めず、どれだけ使っても良いというところもあります。

クレジットカードの限度額は、最初に決められたらずっとそのままの限度額であるというわけではなく、利用者の実績によって増減します。

使用してきちんと返済する実績があれば、一般カードでも100万円程度までは増加します。

BINナンバーについて

クレジットカードにはBINナンバーという番号が付与されています。

カードの表面に名前や有効期限とともに刻印されている番号のことです。

この番号はVISAカードやMASTERカード、JCBカードは16桁、AMEXは15桁、ダイナースは14桁となっています。

この番号の役割は、カードの識別を行うことであり、インターネットショッピングなどでBINナンバーと有効期限を書くだけで買い物ができるのもそのためです。

番号と有効期限を知られると悪用される恐れがありますので、クレジットカードの番号の保管には細心の注意を払いましょう。

カードの番号の番号体系はISOによって決められており、国内専用カードの場合はその国の機関によって決められています。

クレジットカードを使用する際の注意点

クレジットカードを使用する際の注意点はいくつかあります。

まずは、クレジットカードは借金であることを認識して使いすぎないようにすることです。

クレジットカードは手持ちのお金が減らずに買い物ができるため、ついつい気が大きくなって使いすぎてしまいがちです。

ですから、自分が今いくら使っているのかを常に把握しておくことが必要です。

また、クレジットカードの情報はとても大切なものです。

暗証番号はもちろんのこと、カードに書かれた番号や有効期限などの情報はむやみに外にもらさないようにしましょう。

カード番号と有効期限だけでインターネットでの買い物などは決済が終了してしまいます。

店に提示する際にも、信用のできる店で決済を行うことが大切です。