クレジットカードとは

クレジットカードとは、買い物などの決算方法の一つです。

クレジットカードの名前の由来は、カード会社が会員に対して信用(credit)を供与するということからクレジットカードと呼ばれます。

クレジットカードで買い物をする場合には、カード加盟販売店でカードを提示し、サインまたは暗証番号を入力します。

そうすると、カード会社はいったん代金を肩代わりして加盟店に支払います。

その後、カード会社はカード利用者に対して代金の請求を行います。

クレジットカードの利用には限度額が設定されており、カードを作って間もない人や収入の少ない人は最低限度額に設定されています。

その後、返済を滞りなく行った場合には限度額が上がっていき、高額の買い物もできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です